自動滅菌装置 APRM

残留塩素を自動制御!受水槽内の残留塩素濃度を測定。さらに自動で追塩注入するため、常に清潔な水を供給します。

自動滅菌装置 APRMシリーズ

循環ポンプにより受水槽の水を循環しその一部を残留塩素測定器により塩素を測定し規定値より少なければ滅菌機により次亜塩素を注入し規定値に達すれば注入を行わないしくみになっています。また、別の用途ではプールの塩素管理にお使い頂いている場合が多いです。

  • 受水槽容量、使用水量に関係なく目標残留塩素濃度を連続的に監視、制御。
  • 精密な測定による残留塩素注入で過剰注入を防ぎ、塩素臭を低減。
  • 省スペース設計で設置が容易です。(既存設備の更新や増設にも最適です。)

自動滅菌装置 APRM

↑ページのトップへ